通信販売 ヒロネットショップ メンズスキンケア

line
商品検索
検索フォームから探す
検索
ブランドから探す
お悩みから探す
line

YahooウォレットAmazonペイメント

お客様の声

ラロッシュポゼ2016キット

bb

bb

バス1

ジェネリオgenerio

サンプル・トライアルセット

ご利用ガイド


メンズスキンケア

実はスキンケアが大切な男性肌

男性にはスキンケアが必要ない!なんてことを思っている方はまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。もしくは興味があるけどよくわからない、なんとなく恥ずかしい。など様々な理由でスキンケアを敬遠していませんか?実は男性は女性と同じく、もしくはよりスキンケアの必要な肌とライフスタイルの持ち主なのです。

男性のお肌のお手入れ

テカり対策
  • ・皮脂は時間がたつと酸化し、においを発生させてしまうので、洗顔をこころがけてください。
  • ・スキンケアは大切ですが、化粧水や美容液のつけすぎはNGです。
  • ・脂っこい食事やアルコールの取りすぎは皮脂の量を増やしてしまう要因になります。
  • ・夜は昼より皮脂の分泌が活発になります。夜更かしのしすぎは要注意です。
毛穴・ニキビ対策
  • ・洗顔時にゴシゴシ強く肌をこするのはNGです。
  • ・汚れた手で毛穴やニキビをよく触ると、余計に悪化させてしまう可能性があります。
  • ・肉や揚げ物の取りすぎは皮脂の量を増やしてしまう要因になります。
  • ・睡眠不足は肌の新陳代謝をおとすため、毛穴のつまりやニキビの原因になります。
乾燥対策
  • ・ひげ剃りのあとは保湿を忘れずにしてください。
  • ・洗顔のしすぎは余分な皮脂を奪ってしまうので適度に行ってください。
  • ・洗顔時にゴシゴシ強く肌をこするのはNGです。
  • ・乾燥を放置すると、肌の弾力がなくなりシワができやすくなります。
シミ対策
  • ・シミは一度できると自力でなおすのは困難です。普段から日焼け対策をしてください。
  • ・ストレスは活性酸素を生み、シミの原因となります。
  • ・タバコは美白に必要なビタミンCを壊すため、シミをつくりやすくしてしまいます。

男性スキンケアの悩み

洗顔

男性はもともと女性に比べて皮脂量がかなり多く、汗もかきやすい傾向にあります。
そして肌には汗や皮脂はもちろん、老廃物やほこり、細菌など様々な汚れも付着しています。これらを放置していると、不快感やトラブルを引き起こす要因となってしまいます。

なので朝は寝ている間の皮脂や老廃物を、夜は一日の汚れを落とすため、正しい洗顔を行ってください。

また、身体を洗う延長でボディソープなどで顔を洗うのもNGです。洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂や潤いまで落としてしまいます。

  • 洗顔注意

    洗う前には洗顔料をよく泡立ててください。きめ細かな泡は毛穴によく入り、汚れがよく落ちます。泡立ちをよくするため、泡立てネットなどを使うのもおすすめです。

  • 洗顔注意

    ゴシゴシこすって洗うのではなく、泡でやさしく顔をなでてください。Tゾーンや小鼻横の皮脂の多い部分は指の腹でソフトに洗ってください。

  • 洗顔注意

    すすぎ残しのないよう、洗顔料はしっかり落としてください。顔に洗顔料が残ってしまうと、肌荒れの原因にもなります。


化粧水

化粧水の目的は肌への保湿です。足りない水分を補うことで硬くなりがちな角質をやわらかくし、バリア機能を整える効果があります。バリア機能が正常だと、肌自身が紫外線などの外的刺激から守り、乾燥も防ぎます。

特に男性はひげ剃り後は乾燥しやすいので注意してください。男性は女性に比べて皮脂量が多いので、女性に合わせて作られた化粧水を使用するとベタベタしてしまう可能性が高いです。男性は男性用化粧水、またはべたつきの少ない化粧水をお選びください。

  • 洗顔注意

    肌を強く叩いたり、こすったりして化粧水をつけないでください。手のひらで顔をやさしく包み込むようにしてなじませてください。

  • 洗顔注意

    乾燥を放置しておくと肌そのものの弾力が失われてしまい、かゆみやシワの原因にもなります。朝・夜の洗顔後は必ず適量の化粧水を手に取り、保湿してください。


美容液・クリーム

美容液は化粧水と比べて、有効成分が高濃度に配合されており、化粧水のプラスαとして使用するものです。

美容液には配合されている成分によって目的も様々です。たるみ対策のアンチエイジング用や、シミ対策の美白用、乾燥対策に保湿用など、目的に合わせて選ぶとより効果的です。

  • 洗顔注意

    手のひらにとり、顔全体を包み込むように、手の体温を利用してなじませるようにつけてください。

  • 洗顔注意

    美容液をつける際にマッサージも心がけるとより効果的です。強くゴシゴシこするのではなく、指や手の表面で血液やリンパをゆっくり流してください。たるみやシワ、クマ対策になります。

  • 洗顔注意

    美容液は基本的に化粧水の後につけますが、種類によっては化粧水の前につけるものもあります。つけるタイミングなど、購入の際などにしっかりチェックしてみてください。


UV・紫外線対策

男性があまり日焼けを気にしすぎるというのはどうも、、という方も多いのですが、日焼けは肌の老化を早めてしまうため、まったく気にしないというもの危険です。肌は紫外線をあびることでメラニン色素をつくり、それがうまく排出されないことにより、数年後シミという形で出てきてしまいます。

また紫外線が肌の奥にある真皮に届くと、肌の弾力を守っているコラーゲンを傷つけてしまい、しわやたるみの原因ともなります。長く外出して太陽を多くあびる際などには、できるだけ紫外線対策をしてみてください。

  • 洗顔注意

    SPFというのはシミの原因となる紫外線B波をカットする力のことです。これは何もつけない状態から日焼けが始まる前までの時間を何倍に延ばせるかの目安になります。

  • 洗顔注意

    PAはしわ・たるみの原因となる紫外線A波をカットする強さの目安です。日常程度ならそこまで強いものは選ばず、アウトドアなどで強い紫外線をあびる時は強いものを選ぶといいです。

  • 洗顔注意

    日焼け止めは帰宅後、寝る前には必ずしっかり洗顔して落としてください。


髪のトラブルは、生活習慣や遺伝などの様々な要因が複雑に混ざり合ってのものなので、全ての問題を解決する簡単な方法はありません。しかしそのひとつの頭皮トラブルは、普段から気をつけることができる一番簡単で身近な問題です。なので日常の中で頭のマッサージなどで血行を促進したり、しっかりと頭皮のアブラ・毛穴の汚れを落とすことが重要です。

  • 洗顔注意

    頭皮の皮脂は、毛髪の再生に最も悪い条件のようにいわれて来ましたが、医学的には、皮脂を取り過ぎる事の弊害が問題視されています。ある程度の潤いを残すものを選びましょう。

  • 洗顔注意

    シャンプーは髪を洗うのではなく、頭皮を洗うためのものです。フケやかゆみが気になる場合は、色々な商品を試し、自分にあったものを見つけ出してください。


男性スキンケアの悩み

基本スキンケア

気になるスキンケアをお選びください。

下線

Copyright © ヒロネットショップAll Rights Reserved.